結城 秀康

結城 秀康

概要

日本の戦国時代の武将・結城秀康をモデルとしている。前田慶次が琉球を訪問している間に、京では暴れ者として新たな有名人となっていた男。利沙の奏でる胡弓の音がきっかけとなって慶次と交流するようになり、酒を酌み交わす仲となる。その後、関ヶ原の戦いが勃発し、慶次と敵同士になったため戦場での再会を約束。

だが、結局戦場で戦うことはできないどころか、思うような活躍もできぬまま戦いは終わってしまう。その無念を察した慶次が秀康の屋敷を訪れ、1対1で心ゆくまで戦った。

関連人物・キャラクター

前田慶次

日本の戦国時代の武将・前田慶次郎をモデルとしている。加賀の大名、前田利家の甥で、身の丈六尺五寸(197cm)を超える大柄の武士。義に厚く、器の大きい自由気ままな風流人として生きる傾奇者にして、無類の戦... 関連ページ:前田慶次

登場作品

花の慶次 ―雲のかなたに―

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭... 関連ページ:花の慶次 ―雲のかなたに―

SHARE
EC
Amazon
logo