結城

レストアガレージ251車屋夢次郎(漫画)の登場人物。読みは「ゆうき」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
レストアガレージ251車屋夢次郎(漫画)
正式名称
結城
ふりがな
ゆうき

総合スレッド

結城(レストアガレージ251車屋夢次郎)の総合スレッド
2016.09.18 13:03

概要

結城遥の父。ケンメリGT-R(KPGC110型)の開発スタッフ。ワークスドライバーとしてレースデビューする予定だったが、日産の国内レース活動中止にともない、デビューは叶わなかった。その後、妻の妊娠を機にタクシー運転手へと転職。ブルーバード510を駆って、家族を支えた。

その後、妻が死に、男手ひとつで娘を育てたが、愛情は深いものの、デリカシーに欠ける行動が多く、コミュニケーションも下手であったため、娘のから嫌われている。誠実な人柄であるため、タクシー運転手としての評判は上々で、同僚からも信頼を受けている。妻の妙子が産気づいた際、自分の車で妻を病院に送る途中、車中で娘が産まれている。

このため、娘が産まれた車・ブルーバード510を28年にわたって使い続けていた。癌の手術を受けるため、入院期間中、車を里見夢次郎に預かってもらう。術後、容態が急変し、危篤状態に陥る。

登場作品

還暦を越えたベテランの自動車整備士・里見夢次郎は凄腕の職人。彼のもとには、さまざまな理由で、車のレストア依頼がもちこまれる。夢次郎は、ただ車を直すのではなく、持ち込んだ人たちと車に残された持ち主の思い...