絵島生島事件

絵島生島事件

かぶく者(漫画)の登場人物。読みは「えしまいくしまじけん」。

登場作品
かぶく者(漫画)
正式名称
絵島生島事件
ふりがな
えしまいくしまじけん
関連商品
Amazon 楽天

概要

1681年、徳川幕府の最大の不祥事と言われ、歌舞伎の人気役者生島新五郎が、大奥大年寄絵島と密通したことによって大問題となり。絵島は幽閉、生島新五郎は三宅島へ流刑となり、最終的に1,500人が処罰されたという。

関連人物・キャラクター

生島新五郎

江戸時代の歌舞伎役者。歌舞伎の演目にもなっている「絵島生島事件」の中心人物。幽霊のように時折市坂新九郎の前に現れて、謎の言葉を残していく。その姿は新九郎にしか視えない。 関連ページ:生島新五郎

登場作品

かぶく者

駆け出しの歌舞伎役者、市坂新九郎は、「かぶく」(観る者の心を揺さぶる)ことが好きでたまらない。その天賦の才能は、しかし伝統ある歌舞伎の格式からは大きくはみ出すものだった。興行界の大物山村新十郎の後ろ盾... 関連ページ:かぶく者

SHARE
EC
Amazon
logo