• 結界師 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 絶界

絶界

絶界

結界師(漫画)に登場する結界術の技の一つ。読みは「ぜっかい」。

登場作品
結界師(漫画)
正式名称
絶界
ふりがな
ぜっかい
関連商品
Amazon 楽天

概要

墨村良守の兄正守が使う高等な技。黒い球体状の結界で自分を包み、触れるもの全てを粉々に粉砕する。防御にも攻撃にも使える便利な技。自分以外の存在を拒絶する負の感情が発動条件。良守も練習しているが、強度も形状も正守の域には届いていない。良守の使う不完全な絶界を、本人は「インチキ絶界」と呼び、防御の技として使っている。

登場作品

結界師

烏森の地は多くの妖怪や霊を引き寄せてしまうため、妖怪退治を家業とする結界師によって400年間維持・管理されていた。この土地に建つ私立烏森学園に通う中学2年の結界師の少年墨村良守は、毎晩学校での妖怪退治... 関連ページ:結界師

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
結界師
logo