絹川 泰介

ぎんぎつね(漫画)の登場人物。読みは「きぬかわ たいすけ」。別称、絹川。

  • 絹川 泰介
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ぎんぎつね(漫画)
正式名称
絹川 泰介
ふりがな
きぬかわ たいすけ
別称
絹川

総合スレッド

絹川 泰介(ぎんぎつね)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

神尾悟の理解者。剣道部主将。おおらかで心優しく、世話好きな性格。かなり背が高い。学校では「きぬちゃん」と呼ばれている。実家は有名な豆腐屋であり、忙しい両親に代わって弟たちの面倒をよく見ている。剣道部の後輩であるが周囲から孤立するのを気にかけ、お節介を焼いたり話を聞いてあげたりしている。

生徒会長の桐島清史郎とは小学生からの幼なじみ。

登場人物・キャラクター

1200年以上続く神尾神社の77代目跡取り。幼い頃に両親を亡くし、祖父で神主の神尾藤悟に育てられた。その祖父もすぐに亡くなり、神社を継いだ叔母夫婦に引き取られるが、家庭の中に居場所が見つけられず、亡き...

登場作品

冴木神社の15代目跡取りである冴木まことは、一見普通の女子高生だが不思議な能力をもっている。神使の狐、銀太郎が見えるのだ。将来を占ったり探しものを見つけたりするのがと得意な銀太郎の能力を、困っている人...