綏子 内親王

綏子 内親王

超訳百人一首 うた恋い。(漫画)の登場人物。読みは「やすこ ないしんのう」。

登場作品
超訳百人一首 うた恋い。(漫画)
正式名称
綏子 内親王
ふりがな
やすこ ないしんのう
関連商品
Amazon 楽天

概要

実在の歴史上の人物妥子内親王がモデル。陽成院の次に即位した光孝天皇の皇女で、父が退位した後に政略結婚の道具として陽成院に嫁いだ。陽成院が夫となるとは思っていなかったが、彼を「貞明様」と呼び、愛そうとする。藤原定家が編纂した百人一首の13番の歌は、陽成院から彼女に贈られた後朝(きぬぎぬ)の文(恋文)。

登場作品

超訳百人一首 うた恋い。

藤原定家は、親戚の宇都宮頼綱の別荘の障子を飾る色紙形に記される歌の選定を任される。これがのちの百人一首となった。歌に込められた詠み人達の恋が展開されていく。 関連ページ:超訳百人一首 うた恋い。

SHARE
EC
Amazon
logo