網樹

網樹

アタゴオル玉手箱(漫画)の登場人物。読みは「もうじゅ」。

登場作品
アタゴオル玉手箱(漫画)
正式名称
網樹
ふりがな
もうじゅ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『アタゴオル玉手箱』に登場する恐ろしい怪物。輝く猫が生み出した地図に指し示された島から、キリエラの旋律によって甦った。周囲の鉱物や植物を吸収し成長していき、光波の都に迫った時には巨大な2足歩行の恐竜の姿になっていた。自然を食らい、世界を覆い尽くすまで広がろうとする存在であり、銀波船長は「永遠に続く死の文明」だと評している。

登場作品

アタゴオル玉手箱

太古より様々な文明が生まれ、滅び、その遺跡や遺産が眠る森があるアタゴオル。不思議な出来事が多いこの世界で、テンプラは今日もいろんな体験をし、ヒデヨシは食い逃げに勤しんでいた。いままた、ツキミ姫という新... 関連ページ:アタゴオル玉手箱

SHARE
EC
Amazon
logo