綴 権八郎

綴 権八郎

鼻紙写楽(漫画)の登場人物。読みは「つづり ごんはちろう」。綴勝十郎とは親族関係にある。

登場作品
鼻紙写楽(漫画)
正式名称
綴 権八郎
ふりがな
つづり ごんはちろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

綴勝十郎の父。兄の一馬を後継ぎとして目をかけ、次男の綴勝十郎には冷たく育てる。その一馬が殺され、命をかけて犯人探しに奔走する。その容姿は田沼意次と瓜二つの事から老中田沼意次の身代わりを務める程である。

関連人物・キャラクター

綴勝十郎

町方役人の子だったが、芝居小屋に通い詰め中村座の囃子方になる。しかし、兄の一馬が殺されたことで再び役人として家に戻る。そこで連続幼女誘拐殺人事件に大きく関わっていく。ムダ口はたたかず静かに事をすすめて... 関連ページ:綴勝十郎

田沼意次

江戸の老中。その政策によって賄賂が横行したと言われる。老中松平定信に敵対され、陰謀によって失墜の危機に陥るが、綴勝十郎の父権八郎の忠誠によって難を逃れる。歴史上の実在の人物、田沼意次がモデル。 関連ページ:田沼意次

登場作品

鼻紙写楽

江戸時代後期、歌舞伎の世界に、武士を捨て囃子方になった綴勝十郎。親兄弟を亡くて五代目市川団十郎の息子徳蔵の付き人として奉公した卯之吉。そして上方から絵師としてやってきた伊三次こと後の東洲斎写楽。その伊... 関連ページ:鼻紙写楽

SHARE
EC
Amazon
logo