綺羅姫

綺羅姫

ざ・ちぇんじ!(漫画)の登場人物。読みは「きらひめ」。

登場作品
ざ・ちぇんじ!(漫画)
正式名称
綺羅姫
ふりがな
きらひめ
関連商品
Amazon 楽天

概要

姉の綺羅君よりも一日遅く難産で生まれ、産声すらあげられず、乳をふくめばむせて吐き出すくらい病弱。母の夢乃が夢で見た仙人のおつげで、姫として育てれば無事に成人すると言われ女として育てられ、本人も自分はずっと女だと思っていた。自分が男だと知ってからは、男の姿に戻りたいと思っているが、母に反対され戻れずにいる。

登場作品

ざ・ちぇんじ!

本当は女である綺羅君が男として、そして本当は男である綺羅姫が女として宮中に出仕し、騒動を巻き起こす姿を描く。平安古典の『とりかへばや物語』を親しみやすくアレンジした作品。原作は氷室冴子の小説。 関連ページ:ざ・ちぇんじ!

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
綺羅君
宰相中将
女東宮
場所
logo