綿谷 新

ちはやふる(漫画)の登場人物。読みは「わたや あらた」。綿谷始とは親族関係にある。

  • 綿谷 新
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ちはやふる(漫画)
正式名称
綿谷 新
ふりがな
わたや あらた

総合スレッド

綿谷 新(ちはやふる)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

綾瀬千早が小学六年生のときに転校してきた同級生で、眼鏡をかけた温厚で知的な美男子。かつての永世名人・綿谷始の孫であり、その祖父に競技かるたを仕込まれたかるたのサラブレッド。綾瀬千早真島太一競技かるたの楽しさを教えたが、祖父が病に倒れたため、小学校卒業とともに実家のある福井県に帰郷した。

その後、祖父の死に対する自責の念から一度は競技かるたを捨てたが、綾瀬千早真島太一の訪れで、かるたへの情熱を再燃させる。ブランクがあったため、再開当時の成績は振るわなかったが、祖父仕込みのかるたは本物で、次第に調子を上げていった。幼少の頃より積み上げてきた経験、高い暗記力、柔軟な試合の組み立て、後手でも相手を追い越す鋭い加速力と正確無比な払い手など、すべてがハイレベルな選手。

彼の試合を見た綾瀬千早は「水が流れるみたいだった」と評した。綾瀬千早を好いているが、住んでいる場所が遠いことや、真島太一に遠慮していること、それに生来の性格不器用も手伝って、想いを伝えられずにいる。

登場人物・キャラクター

『ちはやふる』の主人公で都立瑞沢高校に通う女子高生。芸能事務所に所属する姉・綾瀬千歳に似た小顔と、姉以上のスレンダーな体型を持つモデル系美人。だが、恋愛感情がまだ未熟で服装(私服は姉のお下がりのためオ...
綿谷新の祖父で、1980年代に七連覇した記録を持つ永世名人。綿谷新が小学校六年生のときに脳梗塞で倒れ、それが原因で右半身麻痺になった。それでも左手でかるたを取れるようにリハビリしていたが、認知症を併発...

関連キーワード

『ちはやふる』に登場する団体。綿谷新が所属する福井県のかるた会で、栗山勇が会長を務める。綿谷新の先輩である強豪選手・村尾慎一も所属しているが、この二人以外に目立った選手がいないのが悩みの種。

登場作品

世界観本作は現代の日本をモチーフとした作品。より正確に述べるなら、連載が開始された2007年以降の世相がストレートに反映されている。作中ではっきりと明記されてはいないものの、主人公である綾瀬千早らが暮...