緋

緋が走る(漫画)に登場する用語。読みは「ひ」。

登場作品
緋が走る(漫画)
正式名称
ふりがな
関連商品
Amazon 楽天

概要

作中における陶芸の最高芸術であり、多くの陶芸家が挑んで果たせなかった景色のこと。“”とは緋色、すなわち朱よりも赤く炎よりも深い色合いを指す。一口に“”と言っても、緋沈み、緋暈(ひぼかし)、緋結晶といった段階があり、その頂点に走緋(緋が走る)がある。完全なる走緋は、器の内部から表面に向かって爆発するようにが走り出ており、あたかも炎を絡めとったような立体的印象を与えるという。

登場作品

緋が走る

東京の大学に通う松本美咲は、ある日、陶芸を生業としている父・松本竜雪から一本の電話を受ける。父のただならぬ様子に胸騒ぎを感じた彼女は、急ぎ故郷の萩(山口県)に帰るが、すでに父は亡く、遺作となったひとつ... 関連ページ:緋が走る

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
緋が走る
logo