総帥

総帥

リングにかけろ(漫画)の登場人物。読みは「そうすい」。剣崎順とは親族関係にある。

登場作品
リングにかけろ(漫画)
正式名称
総帥
ふりがな
そうすい
関連商品
Amazon 楽天

概要

影道一族の総帥。他のシャドウ・ボクサー同様黒いユニフォームを身に着け、全身に傷がある。長髪で、顔に大きな傷があること以外は剣崎にそっくりな顔をしている。日本Jr.チームとの対決の中、彼が剣崎の一卵性双生児の弟であることが明かされる。本名は殉(じゅん)。一度見ただけで志那虎や河合のスーパー・ブローをコピーできてしまうほどの卓越したボクシングセンスの持ち主。

「スーパー・ブロー」は「影道雷神拳」、「影道鳳閣拳」、「影道龍極破」、「影道冥王拳」。

関連人物・キャラクター

剣崎順

剣崎財閥の御曹司で、ボクシングの天才。自分の力に絶対的な自信を持ち、尊大な言動が目立つが、それに違わぬ実力を行動で示す。高嶺姉弟が世話になっていた三条家の令嬢と許嫁関係で、そこで竜児と出会う。貧しい竜... 関連ページ:剣崎順

関連キーワード

影道一族

『リングにかけろ』に登場する組織。日本におけるボクシングの開祖「日本拳闘倶楽部道場」よりも25年も前に開設された「メリケン練習所」を源流とするボクシング流派。この流派に属する戦士をシャドウ・ボクサーと... 関連ページ:影道一族

登場作品

リングにかけろ

山口県の貧しい家庭に生まれ育った高嶺竜児は、ボクシングセンスに恵まれた姉菊をトレーナーに、日々のトレーニングに励んでいた。それは亡き父のボクシング世界チャンピオンになるという夢を実現させ、苦労をしてい... 関連ページ:リングにかけろ

SHARE
EC
Amazon
logo