緑色の赤ん坊

緑色の赤ん坊

ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン(漫画)の登場人物。読みは「みどりいろのあかんぼう」。

登場作品
ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン(漫画)
正式名称
緑色の赤ん坊
ふりがな
みどりいろのあかんぼう
関連商品
Amazon 楽天

概要

エンリコ・プッチの目指す「天国へ行く方法」の実現のために必要不可欠な存在。DIOの骨にスポーツ・マックスが意志を与えたことでその骨が特別懲罰隔離房棟の囚人を植物と化し、彼らの魂を吸収して果実のように誕生した。非常に謎の多い存在だが、エンリコ・プッチが提示する言葉に反応して彼と一体化。

エンリコ・プッチに肉体的な変化をもたらすとともに、スタンドの進化を促した。赤ん坊自身もスタンドを持ち、自らに近づくあらゆる物体を、近ければ近いほど縮小して決して触れさせない能力を無意識のうちに発動している。しかし本人が興味を示したものは例外となり、一時的には空条徐倫になついていた。

なお、スタンドの名称は作中では「謎」とされていたが、のちに発表された荒木飛呂彦の作品集『JOJOVELLER』において「グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム」と命名されている。

関連人物・キャラクター

エンリコ・プッチ

空条徐倫たちの追う宿敵の正体。グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所の教誨師という立場を利用して、刑務所内の囚人を次々とスタンド使いの刺客に仕立てあげるが、本来の目的はDIOが遺した「天国へ行く方法」... 関連ページ:エンリコ・プッチ

関連キーワード

グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン』の舞台となる施設。正式名称は州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所。フロリダ州マイアミのとある島全体が敷地となっている。「水族館」の... 関連ページ:グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所

登場作品

ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン

舞台となるのは2011年、グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所。ボーイフレンドのロメオ・ジッソとその弁護士によって無実の罪を着せられた空条徐倫は、15年の長期刑が確定してしまう。しかし、それはすべて... 関連ページ:ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン

SHARE
EC
Amazon
logo