緒方 華子

いつもポケットにショパン(漫画)の登場人物。読みは「おがた はなこ」。須江愛子とはライバル関係。緒方季晋とは親族関係にある。

  • 緒方 華子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
いつもポケットにショパン(漫画)
正式名称
緒方 華子
ふりがな
おがた はなこ

総合スレッド

緒方 華子(いつもポケットにショパン)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

緒方季晋の母で、元ピアニスト。腱鞘炎を慢性化させてしまい引退した。ピアニストとしても敵わず、思いを寄せていた村上稔も奪われたため須江麻子に激しいライバル意識を燃やしている。息の留学に付き添って来ていた西ドイツで、列車事故に巻き込まれて死亡。

登場人物・キャラクター

須江愛子の元夫で須江麻子の父。須江愛子との仲を反対していた須江愛子の母に認めてもらうため、海外で修行を積む。昭和フィルハーモニーの常任指揮者として帰国し、須江麻子と再会した。
須江麻子の母で、国際的なピアニスト。気むずかしいように見えるが、実際は不器用で誠実な性格。学生時代、自分に優しく接してくれた緒方華子を大切に思っていた。
須江麻子の幼馴染み。中学生になる時、西ドイツへ留学したが、列車事故により失明、亡くなった緒方華子の角膜を移植して回復した。緒方華子の意志を継いで須江麻子に強烈なライバル心を抱いている。各地のピアノコン...

登場作品

須江麻子と緒方季晋は小学校時代、同じピアノ教室に通っていた幼馴染みだった。季晋はピアノの勉強のためにドイツへ旅立ち、離ればなれに。ふたりが高校生となり、再会することができたが、麻子の予想に反して季晋は...