練 白瑛

マギ(漫画)の登場人物。読みは「れん はくえい」。練白龍とは親族関係にある。

  • 練 白瑛
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
マギ(漫画)
正式名称
練 白瑛
ふりがな
れん はくえい

総合スレッド

練 白瑛(マギ)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

煌帝国初代皇帝の第三子で、第一皇女。征西軍北方駐屯兵団将軍。以前迷宮を攻略したことがあり、ジンと呼ばれる精霊パイモンを従えている。争いを好まない温厚な性格で、武力ではなく理想と志こそが真に人の心を掴むものだという持論を持っている。力を手にしたことにより変わり果ててしまった弟練白龍のことを心配している。

登場人物・キャラクター

煌帝国第四皇子。影で闇の組織アル・サーメンと繋がっている祖国を滅ぼそうと目論んでいる。そのため、アル・サーメンの幹部である母練玉艶のことをひどく憎む。留学生としてシンドリア王国を訪れたとき、シンドリア...

関連キーワード

『マギ』に登場する地名。少し前までは小国だったが、わずか数年で中原を平定した。周辺国に迷宮攻略者を送り込み、次々と傘下に収めている。二代目皇帝練紅徳の死後、統率下の第一皇子練紅炎が三代目皇帝になるかと...

登場作品

世界観中東がモチーフのバルバッド王国、古代中国がモデルの煌帝国、ローマ帝国を思わせるレーム帝国など、複数の国家が存在する架空の大陸が舞台。文化レベルは中世に近いが、魔法や金属器をはじめとする魔法アイテ...