織田 信行

織田 信行

信長協奏曲(漫画)の登場人物。読みは「おだ のぶゆき」。別称、信行。織田信長とは親族関係にある。

登場作品
信長協奏曲(漫画)
正式名称
織田 信行
ふりがな
おだ のぶゆき
別称
信行
関連商品
Amazon 楽天

概要

織田信長の弟。無能だが野心はある。信長(サブロー)暗殺を試みたり、帰蝶を誘拐して斉藤道三信長(サブロー)の離間を謀ったりするがことごとく失敗する。さらに謀反の兵を挙げるが、これも失敗。一度は許されたものの、信長(サブロー)の病気に乗じて再度、謀反を企てるが柴田勝家に裏切られ、最期は割腹自殺を遂げる。

歴史上の実在の人物、織田信行がモデル。

関連人物・キャラクター

織田信長

連載開始時は高校1年生。堅苦しいことを嫌い、退屈でだらけた日常を送っていたが、ある日、崖から転落して天文18(1549)年の尾張の国にタイムスリップしてしまう。虚弱体質の織田信長(後の明智光秀)の身代... 関連ページ:織田信長

登場作品

信長協奏曲

男子高生のサブローが崖から落ちてタイムスリップ。たどりついたのは戦国時代。身体が弱く織田家嫡男の重責から逃れたい織田信長と顔が瓜二つなことから身代わりとなる。優等生だった信長が、よく食べ、よく遊び、服... 関連ページ:信長協奏曲

SHARE
EC
Amazon
logo