織田 信長

織田 信長

センゴク外伝 桶狭間戦記(漫画)の登場人物。読みは「おだ のぶなが」。

登場作品
センゴク外伝 桶狭間戦記(漫画)
正式名称
織田 信長
ふりがな
おだ のぶなが
関連商品
Amazon 楽天

概要

同時代の実在の人物、織田信長をモデルとしている。幼い頃は悪郎(わろ)を自称し、同じ年頃の悪童とともに町を闊歩し、自警団もどきのことを行っていた。そこで金の強さを知り、それを力に変える術を学ぶ。父の織田信秀を偏愛し、自らの手で殺したがっていたが、小豆坂で織田信秀が今川軍に敗れたことを知り、指揮を執っていた軍師の太原雪斎に興味を抱いた。

一族兄弟を殺害した果てに尾張統一を成し遂げるが、今川家の尾張侵攻に晒され窮地に追い込まれる。だが一発逆転を賭けた桶狭間の戦いで今川義元の本陣の襲撃に成功。歴史的勝利を挙げた。

登場作品

センゴク外伝 桶狭間戦記

武勇知略に優れた京都建仁寺の九英承菊なる僧侶が、駿河の今川家に招かれ、屈託のない笑顔を見せるひとりの子供、方菊丸と出会う。その子供こそのちに今川義元を名乗る人物であり、九英承菊はその軍師となる太原雪斎... 関連ページ:センゴク外伝 桶狭間戦記

SHARE
EC
Amazon
logo