織田 信長

信長協奏曲(漫画)の主人公。読みは「おだ のぶなが」。別称、信長。織田信秀とは親族関係にある。

  • 織田 信長
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
信長協奏曲(漫画)
正式名称
織田 信長
ふりがな
おだ のぶなが
別称
信長
別称
サブロー

総合スレッド

織田 信長(信長協奏曲)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

連載開始時は高校1年生。堅苦しいことを嫌い、退屈でだらけた日常を送っていたが、ある日、崖から転落して天文18(1549)年の尾張の国にタイムスリップしてしまう。虚弱体質の織田信長(後の明智光秀)の身代わりとして乱世を生きることになる。奔放な性格が史実の信長に通じるところがある。

織田信秀の死後、家督を継ぐ。

登場人物・キャラクター

織田信長の父。自分の子がサブローと入れ替わったことに気付かず、奔放になったことをむしろ喜ぶが、サブロー到着の二年後に死去。歴史上の実在の人物、織田信秀がモデル。

関連キーワード

『信長協奏曲』の時代に大きな政治力、戦力を有していた、比叡山の真言宗総本山。元亀2年9月12日(1571年9月30日)、信長(サブロー)によって包囲焼き討ちされ壊滅する。13年後、豊臣秀吉の時代になっ...
『信長協奏曲』の主人公信長(サブロー)が、永禄3年5月19日(1560年6月12日)、侵攻してきた今川義元に奇襲をかけ、討ち取った場所。今川軍本陣が田楽狭間にあったという説から「田楽狭間の戦い」とも呼...

登場作品

男子高生のサブローが崖から落ちてタイムスリップ。たどりついたのは戦国時代。身体が弱く織田家嫡男の重責から逃れたい織田信長と顔が瓜二つなことから身代わりとなる。優等生だった信長が、よく食べ、よく遊び、服...