織田 有楽斎

へうげもの(漫画)の登場人物。読みは「おだ うらくさい」。別称、織田長益。古田左介とはライバル関係。織田信長とは親族関係にある。

  • 織田 有楽斎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
へうげもの(漫画)
正式名称
織田 有楽斎
ふりがな
おだ うらくさい
別称
織田長益

総合スレッド

織田 有楽斎(へうげもの)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

織田信長と年齢が13歳離れた弟。兄同様に華やかな文化を愛する数寄者で、異国情緒あふれるターバンを巻いたり、きらびやかなアクセサリーを身につけたりなど、身だしなみに気を遣う伊達男。飄々として軽薄に見えるが頭脳明晰+Z392で、戦国時代の荒波を要領よく渡っていく。古田左介とは若い頃から気心が知れた間柄で、数寄を巡るライバル同士。

同時代の実在人物・織田有楽斎がモデルとなっている。

登場人物・キャラクター

茶の湯と物欲に血道を上げる戦国武将。普段は明るく快活で穏やかだが、数寄の名物には異常ともいえる執着を見せ、狡猾で抜け目なく、野心的な一面を発揮。見初めた名物をかすめ取ろうとしたり、他人の弱みにつけ込ん...
時の将軍である足利義昭を奉じて上洛し、一躍天下人となった戦国大名。豪華絢爛な芸術文化を好んでおり、南蛮の服やマント、さらに耳にはピアスを付けている。独自の美意識は、古田左介をはじめとする多くの数寄者に...

登場作品

時は戦国乱世。織田信長が今まさに天下を獲らんとするその陰で、茶の湯と物欲に魂を奪われたひとりの武将がいた。のちに数奇者として天下に名を轟かせる古田左介(後の古田織部)である。出世欲と物欲、ふたつの「欲...