繰見塚 紫織

低俗霊狩り(漫画)の登場人物。読みは「くみづか しおり」。

  • 繰見塚 紫織
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
低俗霊狩り(漫画)
正式名称
繰見塚 紫織
ふりがな
くみづか しおり

総合スレッド

繰見塚 紫織(低俗霊狩り)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

流香魔魅が教師として潜入した高校に通う女子高生。繰見塚晴玄の孫で、繰見塚果織の双子の姉とされるが、実は繰見塚晴玄の作った自動人形である。繰見塚晴玄の死を機に、自分が晴玄につくられた人形であることに気づく。朔本耶亨の仲間となり、同行している。

登場人物・キャラクター

水前寺草雲の依頼を受け、流香魔魅が教師として潜入した高校に勤務する化学教師。女子生徒を生け贄に悪魔召喚を行い、4人の少女を犠牲にした。呪術の能力は魔魅を上回る。
霊能師として様々な問題を引き起こす霊を祓うことを仕事としている。本人は低級霊ハンターを自称しており、通称である低俗霊ハンターと呼ばれることを好まない。霊を呼び出し、説得することで納得させ、成仏させる方...

登場作品

主人公の流香魔魅は、霊能師として、様々な問題を引き起こす霊の除霊を仕事としている。低級霊ハンターを自称しているが、恋愛や性にかかわる問題を原因とする、あるいはスカートめくりや痴漢など、直接的に性的ない...