羊殺し

羊殺し

白暮のクロニクル(漫画)に登場する事件、並びに犯人の呼称。読みは「ひつじごろし」。

登場作品
白暮のクロニクル(漫画)
正式名称
羊殺し
ふりがな
ひつじごろし
関連商品
Amazon 楽天

概要

12年に一度、ひつじ年に起こることからこう呼ばれている。若い女性が殺害され、内臓を抜き取られていく猟奇殺人。70年以上に渡り、定期的に起こっている事件であり、犯人はオキナガなのではないかと目されている。

登場作品

白暮のクロニクル

厚生労働省職員の伏木あかりは、研修として食中毒の現場に立ち入り調査をした際、殺人事件に出くわす。その時居合わせた、厚生労働省参事の竹之内唯一の目に止まり、不老不死の種族オキナガを管理する組織、夜間衛生... 関連ページ:白暮のクロニクル

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
白暮のクロニクル
logo