美津

まっすぐな道でさみしい-種田山頭火外伝-(漫画)の登場人物。読みは「みつ」。

  • 美津
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
まっすぐな道でさみしい-種田山頭火外伝-(漫画)
正式名称
美津
ふりがな
みつ

総合スレッド

美津(まっすぐな道でさみしい-種田山頭火外伝-)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

種田山頭火とは文芸同人誌「青風会」で知り合ったフェミニスト。山頭火の名付け親にして、いち早くその才能を見抜き、その才能を自分のものにせんと操を捧げるも、山頭火が極度のマザコンだと知り、幻滅。一夜限りの仲になる。その後、山頭火の句が掲載された雑誌を持って、帰郷した山頭火を訪ねるがすげなくされ、完全に失恋して帰京。

山頭火は本能とも言える感受性の鋭さで、美津の恋心には何か「裏」があると感じていた。

登場人物・キャラクター

明治15年、山口県生まれ。後に「山頭火」の俳号を持つ俳人。10歳のとき母を自殺で亡くし、以来女性に、ひいては人間の感情にコンプレックスをもつ。文芸同人に参加した大学生時代から、俳句に優れた才能を発揮す...

登場作品

山口県の豪農・「大種田」家の跡取り息子として産まれた種田正一は、10歳のとき父の放蕩で母の自殺に遭う。以来、その母の位牌を持ち歩き、「父のようになりたくない」と足掻くが、自身もまた酒に溺れ、家庭を放棄...