美里

美里

セーラー服にお願い!(漫画)の登場人物。読みは「みさと」。別称、美里の神様。

登場作品
セーラー服にお願い!(漫画)
正式名称
美里
ふりがな
みさと
別称
美里の神様
関連商品
Amazon 楽天

概要

美里神社のご神体で、元は優美な人の姿をしていたが、今は鏡になっている。美里神社が壊れて、自分から人間である雛菊の中に入る。人間好きな弱気な神様で、泣き虫。美里の神様が鏡となり、シシが狛犬になった原因は、神である美里の神様が人間の娘に恋焦がれてしまったため。

自分の願いや他者の願いを口にせず、社へ毎日世間話を楽しそうに語っていく娘に結婚が決まり、彼女に恋をしていた自分に気づく。神にあってはならない嫉妬や独占欲などの醜い感情が生まれてしまった。神という存在は純然であるが故に「悪」にも染まりやすく、例外なく美里の神様も憎悪の暴走を止められず、「悪神」へと姿を変え始めた。

このままでは美里山に厄災があふれてしまうため、完全な「悪神」になる前に、シシ美里の神様を真っ二つに斬る。美里の神様の半身は「鏡」へと変化し、残りの闇に染まった半身は、美里の神様を斬ったシシの体をのっとろうと体内に入ってしまう。シシの体に入った邪悪な霊を、「狛犬の魂」でおさえつければ封印になるため、先代シシはシシに狛犬になることを提案する。

登場作品

セーラー服にお願い!

ある日、16歳の女子高生松本雛菊が打ったホームランボールが、校舎の裏山の神社を半壊してしまい、中にあったご神体が雛菊の体の中に入ってしまう。そのために、雛菊はシシとコマという人間に変身できる狛犬たちに... 関連ページ:セーラー服にお願い!

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
松本 雛菊
シシ
コマ
九尾
鈴田 淑江
琴平様
トンボ
雛菊の祖父
榊 一哲
墓守り
場所
仙泉郷
美里神社
その他キーワード
logo