羽根 満男

羽根 満男

プロ マージャン界の光と影(漫画)の主人公。読みは「はね みつお」。

登場作品
プロ マージャン界の光と影(漫画)
正式名称
羽根 満男
ふりがな
はね みつお
関連商品
Amazon 楽天

概要

『プロ マージャン界の光と影』の主人公の一人。麻雀吾郎の小説に憧れ、雀士を目指していた無職の青年。出入りの雀荘で麻雀吾郎と出会い、新人王戦へ出場するきっかけとする。同時期に麻雀吾郎と会った九佐井一平の身勝手さや厚顔ぶりにしばしば閉口するが、縁を切ることもできず度々関わることになる。新人王戦で優勝し新海凱牌義塾から名を売って、競技麻雀の世界で名を上げていく。

関連人物・キャラクター

牌義塾

新海凱が麻雀の社会的地位向上のため立ち上げた、競技麻雀を指導する組織。入門者は共同生活を営むことになり、ストイックな生活態度と礼儀作法が求められる。新海に共感した羽根満男も入門したが、部外者を交えた「友の会」設立や九佐井一平の入門、スポンサーの圧力によって溝が生まれ、牌義塾は瓦解する。

麻 雀吾郎

麻雀を題材にした小説で熱狂的なファンをつかみ、自らも麻雀三銃士として知られる大物タレント雀士。気まぐれに立ち寄った雀荘で羽根満男、九佐井一平と出会い、二人の新人王戦出場への門戸を開く。実在の雀士であり文筆家であった阿佐田哲也がモデルと思われる。

登場作品

プロ マージャン界の光と影

昭和50年代、世に出始めた競技麻雀の旗手としてのし上がる羽根満男と、賭博としての麻雀で奔放に生きる九佐井一平の、対称的な生き様が描かれる。 関連ページ:プロ マージャン界の光と影

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
九佐井 一平
その他キーワード
logo