羽瀬川 小鷹

羽瀬川 小鷹

僕は友達が少ない(テレビアニメ)の主人公。読みは「はせがわ こだか」。羽瀬川小鳩とは親族関係にある。

登場作品
僕は友達が少ない(テレビアニメ)
正式名称
羽瀬川 小鷹
ふりがな
はせがわ こだか
関連商品
Amazon 楽天

概要

目つきの悪さと、イギリス人の母親から中途半端に受け継がれたくすんだ金髪頭が災いし、周囲からヤンキーと勘違いされている残念な少年。実際は料理上手で面倒見が良く、学力もある好青年であるが、鈍感が過ぎるところがある。

親の転勤で全国を転々とした後、海外転勤が決まったのを機に妹の羽瀬川小鳩とともに数年ぶりに遠夜市へと戻り、聖クロニカ学園へと入学した。しかし、転校初日に大遅刻をした上にエッジの利いた挨拶をしてしまったため、ひと月が経っても友達がいない。

過去に遠夜市に住んでいた頃には友達と言える人物がいたが、本名を知らない上に疎遠となってしまっている。

関連人物・キャラクター

羽瀬川小鳩

母親譲りの端正な容姿を持つが、ゴスロリファッションに身を包み厨二病な言動を繰り返す、羽瀬川小鷹の残念な妹。アニメ「鉄の死霊術師」の大ファンであり、その影響で自ら考案した「レイシス・ヴィ・フェリシティ・... 関連ページ:羽瀬川小鳩

登場作品

僕は友達が少ない

聖クロニカ学園に転校してきた羽瀬川小鷹は、鋭い目つきとイギリス人の母親から中途半端に受け継がれた金髪、加えて転校初日の失敗から、1ヶ月が経っても友達がいない日々を過ごしていた。そんなある日の放課後、小... 関連ページ:僕は友達が少ない

SHARE
EC
Amazon
logo