羽生 丈二

神々の山嶺(漫画)の主人公。読みは「はぶ じょうじ」。別称、ビカール・サン。

  • 羽生 丈二
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
神々の山嶺(漫画)
正式名称
羽生 丈二
ふりがな
はぶ じょうじ
別称
ビカール・サン

総合スレッド

羽生 丈二(神々の山嶺)の総合スレッド
2016.08.23 17:40

概要

49歳。天才的なクライマー。すべての中心が登山で、それ以外の価値をほとんど認めない。初登頂に固執し、他人を寄せ付けず、他人を思いやることもできない。初めて自分を慕ってくれたザイル・パートナーの岸文太郎の墜落死から、孤立を深めていく。1985年のエヴェレスト遠征で事件を起こし、消息を絶つ。

カトマンドゥに不法滞在を続け、エヴェレスト南西壁無酸素単独登頂を目指した偵察登山中にマロリーの遺体を発見。カメラを持ち帰る。日本人であることを隠し、シェルパとして働きながら高地順応するためビカール・サンの偽名を使う。「毒蛇」の意味を持つこの名前は羽生→「ハブ」→「毒蛇」の連想であろう。

登場作品

山岳写真家深町誠は、カトマンドゥの怪しげな登山用品店でマロリーの遺品と思われるカメラを発見し、カメラの発見者がビカール・サンと名乗る謎の日本人であることを知る。帰国した深町は男の正体がエヴェレスト登山...