羽衣狐

羽衣狐

ぬらりひょんの孫(漫画)の登場人物。読みは「はごろもぎつね」。ぬらりひょんとはライバル関係。

登場作品
ぬらりひょんの孫(漫画)
正式名称
羽衣狐
ふりがな
はごろもぎつね
関連商品
Amazon 楽天

概要

京都の妖怪を統べる、狐の大妖怪。いわゆる九尾の狐。平安時代に安倍清明を生み、安土桃山時代には淀殿としてぬらりひょんと戦った。清明によって人間の肉体を依代として転生を繰り返す妖怪となり、現代では奴良鯉伴の最初の妻であった山吹乙女の肉体に宿った。

その目的は安倍清明を再度出産し、彼の反魂の術を完成させることにあった。

関連人物・キャラクター

ぬらりひょん

奴良リクオの祖父で、長い後頭部が特徴的な好々爺。正体は大妖怪のぬらりひょんであり、妖怪たちをまとめ奴良組を築いた総大将。敵の目前にいながら、その敵に認識されない「真・明鏡止水」という「畏」を持つ。 関連ページ:ぬらりひょん

登場作品

ぬらりひょんの孫

妖怪の総大将ぬらりひょんを祖父に持つ奴良リクオは、祖父がまとめる奴良組の妖怪氷麗や青田坊、黒田坊などに囲まれて賑やかな日々を過ごしていた。普通の人間として暮らしたいと願いつつも、夜になると覚醒し妖怪に... 関連ページ:ぬらりひょんの孫

SHARE
EC
Amazon
logo