羽鳥 智世

魔法使いの嫁(漫画)の主人公。読みは「はとり ちせ」。別称、チセ。

  • 羽鳥 智世
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
魔法使いの嫁(漫画)
正式名称
羽鳥 智世
ふりがな
はとり ちせ
別称
チセ

総合スレッド

羽鳥 智世(魔法使いの嫁)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

15歳の少女で、髪は赤毛でショート、瞳の色は緑(この配色は西欧で「魔女」の印と言われる)。普通の人間には見えないものが見え、さらに魑魅魍魎が寄ってくる。その力のために家族は離散し、母は彼女の目の前で命を絶つ。数奇な運命を経て、人外で異形の魔法使いエリアス・エインズワースに引き取られた彼女は、彼の弟子となってイングランドの田舎にある彼の家に住むことになる。

イギリスへ渡ってからは、チセと呼ばれることが多い。彼女の持つ力は「夜の愛し仔(スレイ・ベガ)」と呼ばれ、尋常でない度合いで魔力を吸収・生産することができるというもの。そのため強大な魔法の行使が可能となる。しかしその膨大なエネルギーの流れは、彼女を短期で摩耗させてしまうので、何もしなければ彼女は3年で活動を停止しまうと言われている。

登場作品

普通の人間には見えないものが見える少女羽鳥智世は、その力のため不幸のどん底に落とされ、自暴自棄になって自らを謎のオークションに商品として出品する。人ならざるものにして異形の魔法使いエリアス・エインズワ...