老たん

孔子暗黒伝(漫画)の登場人物。読みは「ろうたん」。

  • 老たん
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
孔子暗黒伝(漫画)
正式名称
老たん
ふりがな
ろうたん

総合スレッド

老たん(孔子暗黒伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

政敵から逃げている孔子に、常に南を指す方位機能を持つ指南車を与え、と出会うよう仕向けた謎の老人。成長した孔子の元から連れ去り、天竺で熱病に倒れるが、結果的にアスラと引き合わせることになる。中国古代の思想家、老子ではないかとされている。

登場人物・キャラクター

孔子が中国古代の周王の墓と思われる遺跡で発見した少年。遺跡の奥の隠し部屋で、視肉と呼ばれるいくら食べてもなくならない肉を食べて生きていた。幼い頃は孔子に育てられ、老たんと旅をした後、自身の影にあたるア...
『孔子暗黒伝』の登場人物で、中国古代、春秋戦国時代に実在した儒家の創始者でもある思想家。周王朝の創始者武王の弟で、王朝の政治の基礎を作ったとされる周公旦を尊敬し、その礼学を発展させ儒教思想を作り上げた...

登場作品

紀元前1世紀ごろの、中国春秋戦国時代。孔子が発見した赤という名の子供と、インドで奴隷階級に生まれたアスラが数奇な運命に導かれて出会い、ハリ・ハラとして一体となりインドから日本まで旅を続け、自分自身の出...