老松 荘介

老松 荘介

長い道(漫画)の主人公。読みは「おいまつ そうすけ」。別称、荘介。

登場作品
長い道(漫画)
正式名称
老松 荘介
ふりがな
おいまつ そうすけ
別称
荘介
別称
荘介どの
別称
荘介兄
関連商品
Amazon 楽天

概要

『長い道』の主人公のひとり。老松道の夫。女好きで浮気症。ちゃらんぽらんな性格で、酒の席でハメを外しすぎて会社をクビになり、就職活動中。派手目の女性が好みで、よりも姉ののほうが好みである。老松家の長男で、両親と、弟と妹がひとりずついる。絵がうまく、の似顔絵を描いたり、漫画家になって一攫千金を狙ったりもした。

歌が下手でや動物たちが気絶してしまうほど。

登場作品

長い道

飲み屋で意気投合した父親同士が、互いの子どもを結婚させることになる。不思議ななりゆきで荘介と夫婦になるため街にやってきた道の生活を、一話三~四ページのショート・ショートで紡ぐ、あたたかくも切ないラブ・... 関連ページ:長い道

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
老松 道
場所
logo