聖-天才・羽生が恐れた男

聖-天才・羽生が恐れた男

重い腎臓病を抱えた少年・村山聖が将棋と出会い、プロ棋士として歩んでゆく物語。聖が自らの命を賭けて将棋に打ち込む様を熱く描いている。実在したプロ棋士・村山聖の29年の生涯を描いたセミドキュメンタリー作品。生涯のライバル羽生善治をはじめ、多くのプロ棋士が実名で登場する。聖の師匠だった森信雄が監修している。

正式名称
聖-天才・羽生が恐れた男
作者
ジャンル
将棋
レーベル
ビッグコミックス(小学館) / ビッグコミックススペシャル(小学館)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

広島出身の少年・村山聖は、5歳のころに重い腎臓病にかかり、入院中心の生活を送らざるを得なくなっていた。不自由な自分の境遇に落ち込むだったが、自分が心底から熱中できる「将棋」に出会う。自らの命の限界を知り、長くは生きられないと悟っているは、中学生にしてプロ棋士に弟子入りし、わき目も振らずにプロ棋士に、そして「名人」の位への道を進んでゆく。

登場人物・キャラクター

主人公

実在したプロ棋士。広島県出身。父と母、兄と姉の5人家族。5歳のころに腎臓病「ネフローゼ」にかかり、以降は長期入院生活を送る羽目になった。持病が原因で顔が丸くむくんでいる。己の身に起きた不幸を受け入れら... 関連ページ:村山 聖

高橋 直人

村山聖と同じ病院で入院生活を送っていた少年。喘息の持病を持つ。母親の再婚先の家族からは厄介者扱いされていた。聖とは親しく、彼に将棋の面白さを教え込んだ。病気の身でも懸命に生きることの大切さを聖に気づかせ、幼くしてこの世を去った。

谷川 浩司

実在するプロ棋士。14歳でプロ棋士になり、21歳の時に史上最年少で名人のタイトルを獲得した。少年・村山聖は入院仲間の直人が持っていた将棋の本で谷川浩司の輝かしい活躍を知り、彼を目標として将棋に打ち込むようになっていった。

実在するプロ棋士。東京出身。小学生のころから多くの子供将棋大会で優勝し注目を集めた。全国小学生将棋名人戦の会場で、村山聖と対戦はしなかったが、廊下で会話をかわした。この初対面から、両者は常に互いをライ... 関連ページ:羽生 善治

佐藤 康光

実在するプロ棋士。京都出身。小学生のころ、全国小学生将棋名人戦において村山聖と対戦した。荒々しく攻め立てる聖を冷静に対処し、退けた。

森 信雄

実在するプロ棋士。まだ中学生だった村山聖を弟子にとり、彼の師匠となった。将棋の腕は立つが実生活ではズボラ。怒りっぽいが情に厚い。聖と濃密な師弟生活を送り、第二の親のような存在として、聖に大きな影響を与えた。疑似親子のような師弟関係は、森が結婚するまで続いた。

父親の反対を押し切り、高校を中退しプロ棋士を目指した。だが伸び悩み、奨励会の年齢制限におびえる日々を送っていた。村山聖が奨励会に入会してきた初日に対戦した。新入りの小僧をいたぶってやろうとしたが、聖の... 関連ページ:加瀬 伸治

美樹

村山聖と同じ病院で入院生活を送っていた少女。入院していた多くの少年少女が若くしてこの世を去ったが、聖と美樹は何とか日常生活を送れるまでに成長できた。プロ棋士になるという子どものころからの夢を叶えた聖のことを尊敬している。結婚して母親になりたいという夢を持つ。 聖の初恋の相手。

集団・組織

奨励会

『聖-天才・羽生が恐れた男』に登場する実在の組織。プロ棋士の養成機関。厳しい規定と細かい年齢制限がある。四段に昇段した者がプロ棋士になれるが、26歳までに四段になれなかった場合、退会せねばならない。多くの少年たちがプロ棋士を目指しこの組織でしのぎをけずるが、狭き門ゆえに7割以上の者は脱落してゆく。

シマケン

『聖-天才・羽生が恐れた男』に登場する実在の組織。プロ棋士島朗が立ち上げた将棋の研究会。メンバーは年下の世代の羽生善治、佐藤康光、森内俊之。上記の三人や関西で活躍する村山聖ら新鋭たちが将棋界を変えると... 関連ページ:シマケン

書誌情報

聖-天才・羽生が恐れた男 全3巻 小学館〈ビッグコミックススペシャル〉 完結

第1巻

(2016年10月28日発行、 978-4091892799)

第2巻

(2016年10月28日発行、 978-4091892805)

第3巻

(2016年10月28日発行、 978-4091892812)

SHARE
EC
Amazon
logo