聖虫族

ギガントマキア(漫画)に登場する民族。読みは「すからべぞく」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ギガントマキア(漫画)
正式名称
聖虫族
ふりがな
すからべぞく

総合スレッド

聖虫族(ギガントマキア)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

砂漠に住む、甲虫のような容姿と皮膚をした亜人族豊穣神発肥を主神としている。甲虫と共生しており、羽を帆のように広げ移動する甲虫を移動手段として使っている。長い間、帝国人族に虐げられており、多くの民が失われているため、人族を強く憎んでいる。

関連キーワード

『ギガントマキア』に登場する種族。いわゆる人類で、泥労守もその一人。亜人族を忌み嫌っており、帝国を築き巨人を用いて各地の芽慰痾の肉片を強奪し、亜人族を滅ぼしている。
『ギガントマキア』に登場する種族。亜人種で、甲虫族など、それぞれの特徴を持った人型の生物のことを言う。芽慰痾の肉片を主神として生息しており、芽慰痾の肉片がなければその地に住むことができない。人族によっ...

登場作品

遠い未来、数億年に一度の大厄災で、ほとんどの生物が死滅してしまった地球。筋骨隆々の男泥労守と不思議な少女風炉芽は、砂漠だけが永遠と続く荒れた大地を彷徨っていた。するとそこに亜人族の聖虫族が現れる。人族...