背水の陣

背水の陣

項羽と劉邦(漫画)、多くの作品に登場する計略。読みは「はいすいのじん」。

登場作品
項羽と劉邦(漫画)
正式名称
背水の陣
ふりがな
はいすいのじん
関連商品
Amazon 楽天

概要

退路の無い河を背に布陣、もしくは糧食の乏しい状況に自軍を追い込み、決死の覚悟で戦い活路を開く戦法。『項羽と劉邦』では、項羽章邯率いる秦軍にとの用いて「船を沈め釜を破る(沈船破釜)」という言葉を作り、また韓信が趙との戦いで敵を惹きつけるために用いて3万の兵で20万の軍勢を打ち破っている。

登場作品

項羽と劉邦

前2世紀頃の中国。始皇帝は初の統一国家秦を建国する。2代目の秦の皇帝・胡亥は宦官に政治を任せ、淫蕩の日々を送る。武勇で知られる項羽と仁徳の将・劉邦は、打倒秦を掲げて挙兵した。秦の滅亡後、項羽と劉邦とい... 関連ページ:項羽と劉邦

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
項羽と劉邦
logo