背面打法

背面打法

侍ジャイアンツ(漫画)で番場蛮が投げたハイ・ジャンプ魔球を、大砲万作が打つために使った打法。

登場作品
侍ジャイアンツ(漫画)
正式名称
背面打法
ふりがな
はいめんだほう
関連商品
Amazon 楽天

概要

に背を向けてバットを構える。ハイ・ジャンプ魔球を見ずに、ボールを待てば必ずストライクゾーンを通るのだから、それを叩くという打法。ヒットが出なくても、ファールで粘れば、の体力を削ることができる。実際に連続21球ファールに持ち込むが、背を向けた大砲のバットを狙って普通に投球したにより内野ゴロに打ち取られた。

登場作品

侍ジャイアンツ

1970年代。土佐生まれの、八方破れな自称サムライの高校生番場蛮が主人公。紳士野球を変えたいと、読売ジャイアンツ監督の川上哲治が蛮を入団させる。そこで、蛮は独自の魔球を考案。血のにじむような努力と根性... 関連ページ:侍ジャイアンツ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
侍ジャイアンツ
logo