能輪 美年

能輪 美年

嘘喰い(漫画)の登場人物。読みは「のわ みとし」。

登場作品
嘘喰い(漫画)
正式名称
能輪 美年
ふりがな
のわ みとし
関連商品
Amazon 楽天

概要

車椅子で移動をする小柄な老人。倶楽部「賭郎」壱號立会人。立会は多くの私兵を連れて執り行うスタイル。梶隆臣と二階堂鮫丸のセブン・ポーカーの立合いを務めた。人の値段をつける癖がある。賭郎における人材発掘を行っており、伽羅を賭郎へスカウトした。賭郎と敵対する組織や人物の分析なども行っている。

登場時は子供をあやすような口調で喋っていたが、次第に普通の口調になった。孫に八號立会人の能輪巳虎がいる。

関連人物・キャラクター

伽羅

屈強な体と非常に高い戦闘能力を持つ青年。左目に火傷の痕のような傷がある。元倶楽部「賭郎」零號立会人で、かつては斑目貘の専属立会人であった。古今東西の武術を身に着け、香港の暗黒街で暴力を嵐の如く撒き散ら... 関連ページ:伽羅

関連キーワード

倶楽部「賭郎」

『嘘喰い』に登場する組織。組織の頂点であるお屋形様、101名の立会人とその私兵、その他多数の掃除人や黒服、さらに48名の会員から構成される。会員の希望に応じて立会人を派遣し、ギャンブルを仕切らせ、勝敗... 関連ページ:倶楽部「賭郎」

登場作品

嘘喰い

「嘘食い」の異名を持つギャンブラー斑目貘を中心に、賭博組織倶楽部「賭郎」を介したギャンブルを描く。迫稔雄のデビュー作。 関連ページ:嘘喰い

SHARE
EC
Amazon
logo