腕下 主丞

乾いて候(漫画)の主人公。読みは「かいなげ もんど」。徳川吉宗とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
乾いて候(漫画)
正式名称
腕下 主丞
ふりがな
かいなげ もんど

総合スレッド

腕下 主丞(乾いて候)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

徳川八代将軍徳川吉宗が紀州藩の少年時代に愛した女性との間に生まれた人物。亡き母親の願いに応えて、父親のために食事と女性の毒味を引き受ける毒味唇役となる。また、将軍のために食事を作ることもある。当初は父親に反発している部分もあったが、後に和解した。美貌の持ち主であり、自ら唇寒流と名乗る剣の腕も抜群。

将軍の座を巡る権力闘争により、さまざまな勢力から刺客を送り込まれるが、ことごとく返り討ちにした。さらに女性の刺客の何人かは妻にしている。自らの特異な立場から、心が乾いていたが、妻たちの存在により癒されていった。

登場人物・キャラクター

徳川幕府の八代将軍。紀州藩藩主の四男だったが、父親と兄二人の死により、紀州藩の第五代藩主となった。さらに八代将軍に指名されると、これを受諾。しかし将軍の座を狙っていた尾張藩主の「#尾張継友」や、既存勢...

関連キーワード

『乾いて候』に登場する技。腕下主丞が使う、剣の流派。一流が打ち立てられているわけではなく、彼がそう自称しているだけと思われる。主丞は、死体の始末を嫌っており、深手を与えることで、相手が退くように仕向け...

登場作品

徳川幕府の八代将軍となった「#徳川吉宗」は、自分の息子の腕下主丞を江戸に呼び寄せる。美貌の持ち主で剣の腕も立ち、さらには毒全般に通じた主丞は、将軍の食事や性交の前に毒見をする毒味唇役になる。しかし権力...