膜宇宙(ブレーンワールド)理論

膜宇宙(ブレーンワールド)理論

ムーン・ロスト(漫画)の登場人物。

登場作品
ムーン・ロスト(漫画)
正式名称
膜宇宙(ブレーンワールド)理論
関連商品
Amazon 楽天

概要

世界は、上下・左右・前後という三つの方向の広がりを持つ空間という三次元空間と、時間の一次元からなる四次元時空と認識されているが、更に高次元が存在していると仮説し、現在の認識出来る四次元を膜と捕らえる理論。フロスト博士はこの理論を元に人工ナノ・ブラックホールを作り出そうとする。

関連人物・キャラクター

フロスト博士

金髪を逆立てた理論物理学者のイギリス人中年男性。膜宇宙(ブレインワールド)理論を応用し、地球に近づく小惑星をナノ・ブラックホールで破壊しようとするが失敗し、その責任をエウロパ計画で果たそうとする。 関連ページ:フロスト博士

登場作品

ムーン・ロスト

201X年、地球に衝突しようとする小惑星の軌道を変えため、人類は月を破壊し消滅させてしまった。月を失ったことで気候変動が激しくなり人類は滅亡の危機に陥ってしまう。残された手段は新たな「月」を作り出すこ... 関連ページ:ムーン・ロスト

SHARE
EC
Amazon
logo