舞鶴姫

舞鶴姫

とりかえばや異聞(漫画)の登場人物。読みは「まいづるひめ」。碧生とは親族関係にある。

登場作品
とりかえばや異聞(漫画)
正式名称
舞鶴姫
ふりがな
まいづるひめ
関連商品
Amazon 楽天

概要

毛利家の姫。政略結婚で碧生の元へ嫁ぐ。既に言い交わした男がいたが、輿入れの少し前に男は父の命により殺害されている。このことで父への恨んでいたため、寝所に来たのが能美右京之介であったことを知りながら黙っていた。

関連人物・キャラクター

碧生

佐伯家の跡取り。若くして家督を相続し、苦労を重ね家を守り、家臣に厚く信頼されている。見た目は線も細く物腰も柔らかで女のように美しいが、内面は意志が強く当主たる威厳を備えている。戦の際に胸に受けた傷が元... 関連ページ:碧生

登場作品

とりかえばや異聞

養父母に男として育てられた紫子は、養父亡きあと養母を養うため遊女となった。初めての客風吹と出会い恋に落ちた二人だったが、紫子は生家である佐伯家へ秘密裏に連れ戻され、唯一の肉親である双子の兄碧生の療養中... 関連ページ:とりかえばや異聞

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
紫子
風吹
碧生
天野 外記
定嗣
能美 右京之介
三太夫
たず
笹島
猿丸
その他キーワード
びきんぐあ
とりかえばや物語
羅豹丸
logo