舟木 哲

太陽に打て(漫画)の登場人物。読みは「ふなき てつ」。舟木豪とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
太陽に打て(漫画)
正式名称
舟木 哲
ふりがな
ふなき てつ

総合スレッド

舟木 哲(太陽に打て)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

主人公である舟木豪の兄であり、昇竜高校野球部の主将を務める。打球は校舎の窓ガラスを何度も割るほどよく飛び、注目の打者であったが、校長の出部田に主将を降ろされたことをきっかけに一度は野球に対する情熱を失った。再び野球をする決意をするが、それは高校の宣伝の為ではなく自分の為、プロ入りし野球を金にする野望の為であった。

登場人物・キャラクター

甲子園を夢見て一人浜辺で野球の練習をしていたが、貧乏な家庭の次男であるという事情から高校進学を諦めようとしていたところ、兄舟木哲の通う昇龍高校から兄以上の野球の才能を見込まれて学費免除での入学を許され...

関連キーワード

主人公である舟木豪の通う私立高校で校長である出部田の命の下、甲子園を目指すが当初野球部には先輩からの暴力やスパルタが蔓延り、部員たちのモチベーションも低く、決して健全な部とは言えなかった。

登場作品

主人公の舟木豪は、昇龍高校野球部主将の強打者・舟木哲の弟。兄以上の才能を持っていたが、家が貧乏だったので高校には行かず、甲子園の夢も諦めようとしていた。しかし手段を問わず甲子園出場を目論む出部田校長な...