船頭四兄弟

ふたがしら(漫画)の登場人物。読みは「せんどうよんきょうだい」。

  • 船頭四兄弟
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ふたがしら(漫画)
正式名称
船頭四兄弟
ふりがな
せんどうよんきょうだい

総合スレッド

船頭四兄弟(ふたがしら)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

大阪の盗賊一味夜坂に属する、銀次郎、銀三郎、銀四郎、銀五郎の四人の兄弟。捨て子だったところを先代の頭目に拾われ、養われた。しゃくれたアゴに鋭い眼差しの風貌で兄弟四人同じ顔をしている。夜坂解散後、弁蔵宗次ふたがしらとする壱師に兄弟四人で加わった。のことを兄貴分として慕っている。

登場人物・キャラクター

大阪の盗賊一味夜坂の幹部。隠居した先代の世話役。頭目の鉄治郎との橋渡し役でもある。船頭四兄弟からは夜坂を継ぐべき人と思われている。すべてを見通す怜悧な頭脳の持ち主だが、物腰は柔らかく、人のために動くこ...

関連キーワード

『ふたがしら』に登場する組織。大阪の盗賊一味。盗賊仲間うちでは江戸にまで名の通った組織だが、頭目が変わってからはつとめを控えている。前頭目の娘婿の鉄治郎が跡目を継いでいる。一味を作る上で必要なことを学...

登場作品

江戸時代。盗賊「赤目」の頭目・辰五郎のいまわの際に一味の今後を託された弁蔵と宗次。しかし、遺言が出てきたことにより、跡目は辰五郎の弟分甚三郎がとることとなった。納得いかない二人は一味を抜け、「でっかい...