色埴 ほう作

色埴 ほう作

いろはにほう作(漫画)の主人公。読みは「いろはに ほうさく」。

登場作品
いろはにほう作(漫画)
正式名称
色埴 ほう作
ふりがな
いろはに ほうさく
関連商品
Amazon 楽天

概要

九州の馬尻村出身で、小学5年生のときに東京の安田家に居候する。コピーライターやデザイナー志望だが、言葉は強い博多弁で、自分のことを「あて」と呼ぶ。頭にはカッパのような丸いハゲがあり、興奮すると「うずりゃんたま~っ」と叫んで血とウズラの卵を噴射する。興奮時には、自分と同サイズの大便を出すことも多い。

体質的に太りやすく、ダイエットに励むこともあった。小学生ながら性欲旺盛で、女の子の裸に目がない。また、しばしば下半身を露出する。その一方、自分を慕う黒田姫子には当初、冷たい態度を取っていた。後に水のない校内プールに頭から突っ込み、そのときのショックで超天才に変貌する。学校の工作で核ミサイルを作って世間を騒がせた後、東清大学の研究室に入る。

そこで彼の頭脳は覚醒し、理論物理学を終結させる究極の「ほう作理論」を発見した。しかし講演のためアメリカに発つ直前、「行かないで」と訴える姫子のもとに向かおうとした際に空港でまた頭を打ち、元のアホに逆戻りした。もっとも、それはアホを装って友だちと過ごしたいだけなのかもしれない。

関連キーワード

馬尻村

『いろはにほう作』の舞台であるほう作や姫子の故郷。九州にある農村で鉄道は敷かれておらず、交通手段は路線バスのみ。ほう作の家には犬のマリアンヌ、鶏のミッシェルとリンダ、亀のアレクサンダー3世が飼われてい... 関連ページ:馬尻村

東清大学

東京大学を思わせる造りの名門大学で、シュワルツ博士を招いて半年間の研究チームが結成された。これに博士の推薦でほう作が加わり、やがて「ほう作理論」が完成された。当時としては最新鋭のコンピュータと研究員が... 関連ページ:東清大学

登場作品

いろはにほう作

色埴ほう作は九州の田舎から東京の叔父の家に転がり込んできた少年。やることなすこと全てがアホで、周囲の人間を持ち前のアホさで振り回す。後に頭に強い衝撃を受けて大怪我をするが、そのショックから天才的な頭脳... 関連ページ:いろはにほう作

SHARE
EC
Amazon
logo