芥子

芥子

鬼灯の冷徹(漫画)の登場人物。読みは「からし」。

登場作品
鬼灯の冷徹(漫画)
正式名称
芥子
ふりがな
からし
関連商品
Amazon 楽天

概要

基本設定は日本の昔話のかちかち山に登場するうさぎどんと同じ。舟の櫂とベルト・太い鎖を装備している、日本最強の昔話アイドル。お爺さんとお婆さんに育てられていたが、兎の寿命ゆえに先に天国へと行き、桃源郷の白澤の下で薬剤師として修行を積む。ちなみにこのとき主人の女癖の悪さを見ていたことによってチャラい男が嫌いになる。

辛子味噌の作り方も白澤から直伝されたもので、製法を日々改良しているらしい。その後晴れて地獄の獄卒として働くことになるが、その前に晴れ姿を見てもらおうとお爺さん・お婆さんの元に里帰りした際に、かちかち山の悲劇が起こる。現在も「狸」の単語を聞くとリミッターが外れるようになっており、このリミッターを外さず、より冷静で的確な呵責を行えるようになりたいと考えている。

関連人物・キャラクター

白澤

基本設定は中国の神獣の白澤と同じ。鬼灯と顔の造りが似ているためによくネタにされるが、本人たちは犬猿の仲。牛の神獣であるが人型の女の子、女性が大好きで、常に人の姿でいるのは彼女らと遊ぶため。牛頭を紹介さ... 関連ページ:白澤

登場作品

鬼灯の冷徹

日本地獄を会社運営に見立て、閻魔大王第一補佐官を務める鬼灯が、勤務中に上役や部下である獄卒、世界各国の地獄の悪魔や神話の登場人物たちと交流する日常を描く、江口夏実の代表作。 関連ページ:鬼灯の冷徹

SHARE
EC
Amazon
logo