芦原 早苗

悪霊(漫画)の登場人物。読みは「あしはら さなえ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
悪霊(漫画)
正式名称
芦原 早苗
ふりがな
あしはら さなえ

総合スレッド

芦原 早苗(悪霊)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

信州の山奥の廃墟に居た地縛霊。瀬能隆司に取りつき、絵を描かせた。絵が完成した際に、そのまま瀬能隆司を連れ去った。その後瀬能良子の霊能力に倒される。その正体は芦原里美の先祖で、大正3年に起こった山神邸毒薬殺人事件の犯人。その後、実の兄である芦原信克と近親相姦の関係になり、これを知った芦原里美の父の祖父である芦原耀造によって、斧で惨殺された。

登場人物・キャラクター

瀬能茉利子のクラスメイト。霊能力の持ち主で、自殺した祖母の葬儀も拒絶するほど戸蔵島に行くことを拒んだ。山神邸の処理などをどうするかの家族会議には出席せざるを得なくなり、不安を打ち消すため瀬能茉利子の同...
瀬能茉利子の父。画家を目指していたが、子供ができたために断念。瀬能良子の兄瀬能英良を頼って田舎に引っ越し、花屋に就職する。気晴らしにと誘われた信州旅行で廃屋に魅了され、再び絵を描き始める。廃屋の地縛霊...

関連キーワード

『悪霊』に登場する建造物。芦原家所有のいわくつきの別荘。戸倉島代官所のあった場所に、明治期に奇行で知られた子爵姉小路是高が現在の母屋部分と、行者岩に位置する展望台を建設した。残りの部分は、次の持ち主で...

登場作品

瀬能茉莉子の親友芦原里美の祖母が、大島近海の戸蔵島の別荘山神邸で自殺を遂げた。瀬能茉利子は親族会議のために別荘を訪れる芦原里美の家族と同行することになった。霊感が強い瀬能茉利子と芦原里美は、一見のどか...