花園 花鈴

かみちゃまかりん(テレビアニメ)の主人公。読みは「はなぞの かりん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
かみちゃまかりん(テレビアニメ)
正式名称
花園 花鈴
ふりがな
はなぞの かりん

総合スレッド

花園 花鈴(かみちゃまかりん)の総合スレッド
2016.01.25 12:31

概要

聖英学院桜ヶ丘中学部1年生。幼い頃に両親を亡くし、叔母の元で育てられた少女。勉強も運動も料理も苦手だが、明るく前向きで元気いっぱいの優しい性格をしている。特技は伯父に習った空手で、趣味は漫画を書くこと。

後に九条和音の家で生活することになる。ある日、母親の形見で大切にしている指輪の力で「神様」になってしまい(神化)、訳も分からず「神様の力を司る指輪」の謎を巡る戦いに巻き込まれる。

神化するときのかけ声は「アイ アム ゴッド!」。力を借りている神は「アテナ(知恵の女神)」と「アフロディテ(愛の女神)」。先端に花の蕾とオリーブの実と葉がついた槍を武器に戦う。

登場人物・キャラクター

聖英学院桜ヶ丘中学部1年生。花園花鈴が伯母と暮らしている時に出会った少年。容姿端麗で成績もいいため、学校では「和音ーズ」というファンクラブまである、モテモテの少年。性格はクールだが、少し意地悪な一面も...

登場作品

幼い頃に両親を亡くした主人公の花園花鈴は、母親の形見である指輪の力によって「神様」に「変神(へんしん)」することができる女の子。同じ力を持つ九条和音と協力しながら、指輪と同時に九条姫香を奪おうとする敵...