花島 タケオ

花島 タケオ

巷説麻雀新撰組はっぽうやぶれ(漫画)の主人公。読みは「はなじま たけお」。

登場作品
巷説麻雀新撰組はっぽうやぶれ(漫画)
正式名称
花島 タケオ
ふりがな
はなじま たけお
関連商品
Amazon 楽天

概要

博多の和菓子屋で働いていたが、大阪から来たケン師(真剣師。将棋や麻雀などで、金銭を賭けて勝負し、生活している人のこと)堂島に負けたのをきっかけに、麻雀の世界で生きていく決意をする。堂島の経営する雀荘でボーイをしていたが、店が地元のヤクザに目を付けられ、つぶされてしまう。

その後、亡くなった堂島の仇討ちを済ませると、恋人の君子と共に東京へ上京。雀荘のボーイをしていたところを博多時代に顔見知りだった朝倉徹也に誘われ、麻雀新選組を結成する。お調子者だが人なつっこい性格で、周囲から好かれる。ミスター麻雀の異名を取るプロ雀師小島武夫がモデルとされる。

関連人物・キャラクター

君子

主人公花島タケオの恋人で、のちに彼の妻となる。博多時代、君子がやっていた屋台に花島タケオが客として現れ、付き合うようになった。その後、花島タケオと共に東京へ上京。麻雀以外目に入らない花島タケオを懸命に支え続ける。

関連キーワード

麻雀王位戦

『はっぽうやぶれ』に登場する大会。主人公花島タケオが所属する麻雀新選組を含む4つの麻雀団体の代表者によって争われた。麻雀新選組からは花島タケオとリーダーである朝倉徹也が参加。日牌院の高校生雀師青木敬が優勝を収めた。

麻雀新選組

『はっぽうやぶれ』に登場する団体。作家朝倉哲也が主人公花島タケオと雀師蟹江凱を誘って結成した。芸能人との対局などで名を売り、麻雀界に新風を巻き起こす。

関東麻雀連合

『はっぽうやぶれ』に登場する団体。主人公花島タケオが働いていた雀荘麻雀いろはが所属する麻雀団体。花島タケオも一時は連合の一員だったが、麻雀新選組に参加する際に脱退した。

登場作品

巷説麻雀新撰組はっぽうやぶれ

高度成長時代の昭和を舞台に、麻雀の魅力に取りつかれた青年花島タケオが、雀師として成長していく姿を描く。主人公花島タケオのモデルはプロ雀師の小島武夫と言われており、彼が作家阿佐田哲也らと結成した団体麻雀... 関連ページ:巷説麻雀新撰組はっぽうやぶれ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
朝倉 徹也
蟹江 凱
堂島
銀造
集団・組織
場所
イベント・出来事
その他キーワード
logo