花菱 烈火

烈火の炎(漫画)の主人公。読みは「はなびし れっか」。

  • 花菱 烈火
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
烈火の炎(漫画)
正式名称
花菱 烈火
ふりがな
はなびし れっか

総合スレッド

花菱 烈火(烈火の炎)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

忍者に憧れる16歳の高校生。花火職人の花菱茂男の元で育てられ、火薬の使い方に長ける。産まれは戦国時代だが、赤子の頃に母、陽炎の術によって現代へと飛ばされた。織田信長に滅ぼされた火影忍軍の生き残りであり、生まれながらの炎術士。自身の体に潜む八匹の火竜の力を使い戦う。また、身体能力が高く喧嘩慣れもしているため肉弾戦にも長けるオールラウンダー。

正義感が強く熱血で、リーダーリップもあるが、冷静さに欠ける場面も多く、敵味方問わずに猿と形容される。不良に絡まれていた佐古下柳を助け、彼女の考え方に敬意を持ち、彼女を姫と呼び、守り抜くことを誓った。

登場人物・キャラクター

16歳の高校生。マイペースで大人しく、天然ボケが目立つが心根はしっかりとしており、他人を思いやる気持ちが強い優しい少女。他人を癒すことが出来る治癒の力を持ち、その力のせいで森光蘭に狙われることとなった...
烈火操る八龍の一匹にして、元魔道具の作り手。人を守る為の武器を造ることを指針としていた。小柄な隻眼の老人で、烈火の意思に関係なく外へ飛び出し、風子や陽炎へのセクハラをする。魔道具の作り手であることから...

関連キーワード

『烈火の炎』に登場する集団。戦国時代に存在した忍の集団。頭首を代々炎術士が務める。魔道具を用いて活動をしていたが、織田信長に目を付けられて滅ぼされてしまう。現代においては花菱烈火とその仲間達がチーム火...

登場作品

炎を操る能力を持つ少年花菱烈火は、ある日他人の傷を癒す能力を持った少女、佐古下柳と出会う。お互いの秘密を打ち明け合った二人は心を通わせ、烈火は柳のことを姫と慕い、彼女のことを守り抜くことを誓った。しか...