花菱 薫

藍より青し(漫画)の主人公。読みは「はなびし かおる」。別称、薫。花菱源一郎とは親族関係にある。

  • 花菱 薫
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
藍より青し(漫画)
正式名称
花菱 薫
ふりがな
はなびし かおる
別称
別称
本城 薫

総合スレッド

花菱 薫(藍より青し)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

本名は本城薫。明立大学法学部在籍。同大学の写真部に所属する。花菱財閥の次期当主という立場だったが、非嫡出子だったこともあり、祖父の花菱源一郎によって、虐待に近い厳しい教育を受けていた。しかし、その環境に耐えきれず、後継者の座を放棄し一人暮らしをしていた。桜庭葵とは幼少時に将来の約束をした仲だった。

その後、と再会し、一緒に住むこととなる。真面目で優しいが芯は強い。背中には源一郎に付けられた傷が残っており、トラウマとなっている。

登場人物・キャラクター

薫の祖父。花菱財閥の当主で、息子を亡くしたため、孫の薫を後継者として育てようと、厳しく教育していた。傲慢で身勝手な性格で、目的のためには手段を選ばず、薫の亡き母の遺品を目の前で燃やすなどの暴挙を平気で...

関連キーワード

『藍より青し』に登場する建物。もとは桜庭家の別荘だったが、葵と薫が一緒に住むために、アパートとして使われるようになった。また、同居のカモフラージュとして、葵はアパートの大家で、薫はその住人ということに...

登場作品

大学生・花菱薫はある日、駅で困っている和服姿の少女を助ける。その少女こそ、かつて幼い頃、将来を誓い合った相手・桜庭葵だった。大財閥・花菱家の跡取りでありながら、家督を捨て出て行った薫を追って、葵もまた...