花輪京子の母

哀愁荒野(漫画)の登場人物。読みは「はなわきょうこのはは」。花輪京子、花輪竜之介とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
哀愁荒野(漫画)
正式名称
花輪京子の母
ふりがな
はなわきょうこのはは

総合スレッド

花輪京子の母(哀愁荒野)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

幼い花輪京子花輪新一を連れ子に、先妻を亡くした花輪竜之介の父親の後妻となった不細工な女。だが夫は病気で長く寝たきりとなった後亡くなり、傷害事件を起こして服役した花輪竜之介がいては経営する小料理屋「お京」に客が来ないと、竜之介を疫病神扱いして嫌っていた。娘と息子を大事にしているが、世間体を気にして立ちまわる下世話な性格で、花輪竜之介を愛する京子と対立することもしばしばだった。

最後は花輪新一共々、花輪竜之介の世話になって暮らす形で和解している。

登場人物・キャラクター

東京向島で育った18歳の鉄火娘。母親が再婚したため、新しい父親の連れ子、花輪竜之介と兄妹となり、彼を密かに愛するようになる。中学卒業後に母親と小料理屋を開いて暮らしていた。6年ぶりに刑務所から戻った花...
父親が再婚したため、新しい母親の連れ子、花輪京子と兄妹となる。血のつながらない妹の花輪京子に秘めた思いを抱く20歳の硬骨漢。ヤクザさえ相手にできるほど喧嘩が強い。6年前に半玉(芸者見習い)のお千鶴に絡...

登場作品

東京の向島で育った花輪京子は、母親と共に小料理屋を営む18歳。二歳年上の義理の兄、花輪竜之介を密かに愛していたが、兄妹関係を盾に拒絶され、銀座の高級クラブのホステスとなって身を立てていこうとする。まも...