花陽

花陽

翼を持つ者(漫画)の作品登場人物。別称、かよう。六呂とは親族関係にある。

登場作品
翼を持つ者(漫画)
正式名称
花陽
別称
かよう
関連商品
Amazon 楽天

概要

の正体である人工生命体。 同じ人工生命体である六呂とは双子だが、としての能力の9割を管理しており、少女の形態を模して現れる。一人称は「ボク」。日本で山本や人型と暮らしていた頃、どんな環境でも育ち、次代を残すよう品種改良した樹を、「贈り物」として周辺の廃墟と共にサランに転送させた。

片翼である六呂を大切に思っていたが、として世界を平和に導いた後、六呂が「人間が大好きだから、その中で暮らしたい」と言った時に、「六呂は自分だけのもの」との想いからその手を離し、地下深くに隠してしまった。自身はその後悲しみを抱えて眠りに就く。しかし、物語の終盤でヒルト・ギルの心に惹かれて目覚めた。

関連人物・キャラクター

六呂

少年の姿をした人工知能体であり、翼の片割れ。ニールス軍の管轄するコンピューターエフとしての側面も持っており、エフの管理人となった擂文・シラギと友好を深めた。擂文や、彼が好意を寄せる寿にアドバイスをすることもある。

登場作品

翼を持つ者

どんな願いでも叶えてくれるという伝説・翼を巡り、孤児で元盗賊の少女・寿と、彼女のことを愛する元天才軍人の擂文・シラギの冒険と恋を描いたファンタジー漫画。 関連ページ:翼を持つ者

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
寿
擂文・シラギ
抄華
場所
その他キーワード
logo