花鹿・ルイーサ・陸深-バーンズワース

花咲ける青少年(漫画)の主人公。読みは「かじか・るいーさ・くがみ-ばーんずわーす」。ハリー・バーンズワースとは親族関係にある。

  • 花鹿・ルイーサ・陸深-バーンズワース
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
花咲ける青少年(漫画)
正式名称
花鹿・ルイーサ・陸深-バーンズワース
ふりがな
かじか・るいーさ・くがみ-ばーんずわーす

総合スレッド

花鹿・ルイーサ・陸深-バーンズワース(花咲ける青少年)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

14歳。世界を代表する大財閥の会長ハリー・バーンズワースのひとり娘。アメリカ人の父と日本人の母を持ち、母は誘拐犯から幼い花鹿をかばい他界。その後、ギヴォリ島と呼ばれるカリブの孤島で暮らしていた。15歳の時に、母の故郷の日本に渡り中学校に入学するが、騒ぎを起こしてアメリカに戻る。そこでハリーから夫捜しのゲームを提案される。

父親譲りの抜群のカリスマ性の持ち主で、花鹿の言葉と行動力に惹きつけられる人は多い。

登場人物・キャラクター

花鹿の父親。アメリカに拠点を置く世界を代表する大財閥の総帥。学生時代に事業を起こし、石油会社を経て、大企業を一代にして築く。類い稀なるカリスマ性で周囲を惹きつけ、企業家としての手腕は素晴らしい。仕事に...

登場作品

14歳になった花鹿・ルイーサ・陸深-バーンズワースは、母の故郷・日本の学校に転入するが、父親によってアメリカに呼び戻されてしまう。そこで父の口から告げられたのは、「夫捜しゲーム」という驚くような提案だ...